3ヶ月超えの相続放棄解決事例

コチラのページでは相続放棄の期限である3ヶ月を超えてしまったが、無事に解決できたケースをご紹介いたします

亡くなって1年後に債務の存在を知ったケース

〈依頼前の事実関係〉

奥様を亡くされたご主人からのご相談。
相続人は、ご相談者であるご主人、奥様のお父様及びお母様。奥様が亡くなって1年経ったある日、複数の消費者金融から請求書が届き、ご主人は、奥様の債務の存在を初めて知りました。
ご主人は、あわてて専門家に相談したところ、「預貯金を解約しているため(ご主人は亡くなった奥様名義の預貯金をすべて解約していました)、相続放棄できない。借りたお金は返すしかない。」と言われました。しかしながら、相続放棄を諦めることができず、友人から当事務所を紹介され来所いただきました。

〈ご提案〉

ご主人から丁寧にお話を伺い、下記の事項を確認しました。
・消費者金融から請求書が届くまで、奥様に借入があるとは知らなかった。
・ご主人が奥様の死後に解約した預貯金 (現金)は、葬儀費用を全額支払ってくれた奥様のご両親へ渡すため、手付かずのままご主人様の手元に保管されていた。
・奥様が遺した資産は少なく、負債は多額であった。
以上の事実から、相続放棄が適当であり、また、未だ申述が可能と判断し、ご提案をしました。

〈結果〉

・消費者金融からの請求書が届いた日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをするため当事務所にて、戸籍等公的書類の収集および家庭裁判所への申述書の作成・提出を行い、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを経て、無事に相続人全員(ご主人・奥様のお父様、お母様)の相続放棄が受理されました。
・次順位の相続人である祖父、姉についても、順次家庭裁判所に申述書を提出し、無事に相続放棄が受理されました。



亡くなって11ヶ月後に、疎遠であった親の債務の存在を知ったケース

〈依頼前の事実関係〉

・お父様を亡くされた息子Aさんからのご相談。
・お母様とAさんの弟は既に他界しており、お父様の相続人はAさんのみ。
お父様が亡くなって11ヶ月後のある日、Aさん宛にお父様の債権者である金融機関から通知が届くようになり、お父様に借金と保証債務があったことを知りました。お父様の死後、すでに3ヶ月が経過していたため、相続放棄ができないのではないかと不安になり、当事務所にご相談に来られました。

〈ご提案〉

息子Aさんからお話を伺い、下記の事項を確認しました。
・数十年前にお父様が家を出て行ってから、Aさん(依頼者)とお父様とは一切付き合いがなく、疎遠な関係であった。
・Aさんは、病院からの連絡を受け、お父様が亡くなったことを知った。
・お父様に借入があった事を知ったのは、金融機関から借金・保証債務に関する通知書が届いた日だった。
以上の事項を踏まえ、お父様の負債が多額であるため、相続放棄のご提案をしました。

〈結果〉

金融機関からの請求書が届いた日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをするため、当事務所にて、戸籍等公的書類の収集および家庭裁判所への申述書の作成・提出を行い、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを経て、無事に相続放棄の受理がされました。

期限を超えてしまった相続放棄だからといって諦めず、専門家に相談することをオススメします。
当事務所には3ヶ月を超えた場合でも無事に解決できたケースが数多くございます。初回相談は無料ですので、是非一度お問合せください。


公開日:
最終更新日:2014年12月15日
  • 相続・遺言の無料相談受付中|TEL:0120-41-2828|受付時間9:00-21:00 土日祝日対応可(要相談)|ご相談から解決までの流れはこちら

    ※メール・電話では無料相談のご予約のみを受け付けております。
     お電話でのご相談・ご質問にはお答えしかねますので、予めご了承ください。