相続時の不動産問題

相続時における不動産問題は評価から境界の問題まで様々なものが発生します。こでは、それらの問題に加えて、上手な売却方法などについて解説していきます。

相続不動産の評価方法

相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。

通常、相続税については税理士が算定する場合が多いですが、なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、不動産の評価が適正ではないこともあるのです。

相続財産に不動産が多く含まれていたり、高額な不動産が含まれる場合には、相続税に精通した税理士に相談されることをお勧めいたします。

詳しくは、相続不動産の評価方法をご覧ください。

 

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。

詳しくは、相続不動産の評価を下げる方法をご覧ください。

 

不動産の境界問題

相続する土地について、隣地との境界でトラブルに発展するケースもあります。境界問題の専門家である“土地家屋調査士”に調査を依頼しましょう。

詳しくは、不動産の境界問題をご覧ください。

 

相続不動産の売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。しかし、実は相続した後は、不動産売却のチャンスです。気になる方はご検討されてはいかがと思います。

詳しくは、相続不動産の売却をご覧ください。


公開日:
最終更新日:2014年1月28日

 


  • 相続・遺言の無料相談受付中|TEL:0120-41-2828|受付時間9:00-21:00 土日祝日対応可(要相談)|ご相談から解決までの流れはこちら

    ※メール・電話では無料相談のご予約のみを受け付けております。
     お電話でのご相談・ご質問にはお答えしかねますので、予めご了承ください。