相続放棄の手続き

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄申立ては、家庭裁判所に相続放棄に必要な書類を提出することで申述し、了承されることで初めて成立します。
中には金融機関の人に「借金を相続しません。相続放棄します」ということを伝えただけで成立したと勘違いされる方もいらっしゃいますが、注意が必要です。

1.戸籍等の添付書類を収集します

・亡くなった方の戸籍謄本
・亡くなった方の住民票
・相続放棄する人の戸籍謄本
・相続放棄する人の住民票
・相続放棄申述書
・収入印紙800円
・郵便切手
※基本的には上記のもので十分ですが、場合に応じてはこれ以上に必要となる場合はございます。

2.相続放棄申述書を作成します

3.家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行います

・相続放棄申述書
・被相続人の戸籍・除籍、住民票の除票
・申述人・法定代理人等の戸籍謄本
・申述人1名につき収入印紙800円、郵便切手

上記のものを家庭裁判所を提出します。

4.家庭裁判所からの一定の照会があるので、それに回答します

家庭裁判所に必要書類を提出後、家庭裁判所より「照会書」という書類が送付されてきます。(※照会書とは、裁判官から質問状です。)

この「照会書」の質問に対する回答を記入して郵便で返送します。
回答が了承されると、「相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所より届きます。
(※相続放棄申述受理通知書」は、相続放棄が認められたという通知書です。)

5.問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されます

6.家庭裁判所から通知書が送られてきたら、手続きは完了です

7.債権者に提示するために、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付います

 

相続放棄申述は自分でやる?専門家に依頼する?

相続放棄をするための手続は決して難しくはありません。一般の方でも、相続放棄に必要な手続を全て自分でやってしまうという人がいらっしゃいます。
もちろん、自分たちで手続を行うことは決して悪くはありません。しかしながら、その際には注意が必要です。

相続放棄期限(相続を知って以後3ヶ月間)に間に合わなかったり、慣れない手続で書類作成でミスしてしまったりした場合には、莫大な借金や負債を背負い込むことになってしまいますので、確実に相続放棄ができるように専門家に依頼することを必ずお勧めします。

相続放棄3つの注意点

① 相続放棄の申請をするチャンスは一度きり!ミスは許されません。
相続放棄の申請はたった一度きりのチャンスしかありません。
内容等に不備があり、家庭裁判所に申請を却下されてしまった場合には、再申請を行うことは出来ず、その決定は決して覆すことが出来ません。だからこそ、相続放棄申請が実績の豊富な専門家に依頼する事をお勧めします。

② 申請書類に不備が発覚すると相続放棄は認められません。
借金を相続しない為の手続き、いわゆる相続放棄の申請手続きは、相続放棄をするためには自身に相続が始まったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述をしなければなりません。万が一、その申請に不備があった場合には、全ての借金を自身が責任を持って負わなければならないのです。

失敗事例

③ 3ヶ月期限を超えてしまった相続放棄は非常に高いノウハウが必要!
相続放棄は原則として3ヶ月以内に申請しなければならないと規定されていますが、場合によっては、期限を超えてしまった場合でも、相続放棄申請が認められることもあります。しかしながら、この期限超えの相続放棄は、相続の専門家である司法書士の中でも避けてしまうことが多いくらい非常に難易度の高いものです。当事務所は、3ヶ月期限を越えてしまった相続放棄申請にも豊富な解決実績があります。

相続放棄を行う際には、まずは一度当事務所の無料相談へ

031浜松市の司法書士法人ふたばは、相続放棄のご相談をこれまでに多数いただいており、経験も豊富です。
相続放棄を行う際には、相続財産の調査を入念に行い、本当に相続放棄を行う必要があるのかを慎重に判断することも必要です。

まずは、当事務所に一度お気軽にご相談下さい。

 相続放棄の専門家を選ぶポイント

当事務所は、「借金を相続したくない」と考える全ての方にとって最も頼りになる専門家を目指しています。
相続放棄をお考えの方は安心して当事務所にご相談下さい。

1.相続放棄の専門家として豊富なノウハウがあるかどうか

099相続放棄は家庭裁判所に申請しなければならない期限が決まっており、3ヶ月の期限を越えてしまった場合には、家庭裁判所から相続放棄を認めてもらえない事も少なくありません。

その為に、とりわけ期限を越えてしまった相続放棄の場合には、相続放棄におけるノウハウの乏しい事務所では対応が難しく、場合によっては申請が却下されてしまうこともあります。

だからこそ、相続放棄を依頼する専門家を選ぶ際には、相続放棄専門の司法書士であり、事務所の実績をしっかりと見極めることがポイントです。

2.相続放棄手続だけでなく相続人全員のことを考えた最適なプランを提案してくれるか

037当事務所に寄せられる相談の中には、「相続放棄をしたい」という相談に来た方でも、そのままお受けすることはせず、しっかりとヒアリングをさせていただいた中で、本当にあなたにとって相続放棄をすることがベストの選択なのかどうかを見極めます。
親が残した借金の中に払いすぎた、いわゆる「過払い金」があることもありますが、相続放棄の申請をした後では、過払い金を受け取ることは出来ません。

その司法書士があなたにとって最適な提案をしてくれるか、ヒアリングを重視しているかをしっかりと見極めることがポイントです。

3.全国展開の事務所ではなく、地域に密着した事務所で気軽に相談に行けるかどうか

049相続放棄の相談を行える事務所は数多くあり、中でも全国対応を謳う事務所様もありますが、当事務所としてはなるべく自宅周辺の事務所に相談することをお勧めしております。

それは、相続放棄申述を行う際に気になることがあれば事務所に来所して気軽に聞くことができますし、身体的な問題があれば、専門家が皆様のご自宅に出張相談を行うこともできます。

相続放棄のご相談は地元の司法書士事務所へご相談下さい。


公開日:
最終更新日:2014年11月27日

 


  • 相続・遺言の無料相談受付中|TEL:0120-41-2828|受付時間9:00-21:00 土日祝日対応可(要相談)|ご相談から解決までの流れはこちら

    ※メール・電話では無料相談のご予約のみを受け付けております。
     お電話でのご相談・ご質問にはお答えしかねますので、予めご了承ください。