3ヶ月を過ぎた相続放棄

1O4A9155

こちらのページをご覧になっている方は、相続放棄について、「放棄できるかどうか」が不安で不安で仕方ないと思います。でもご安心ください!

相続放棄に強い当事務所は、これまで多くの相続放棄をサポートする中で培った経験とノウハウがあります。

さて、脅かすわけではないですが、相続放棄が裁判所に認められなかった場合は一体どうなるのでしょうか。

相続放棄の申し立ての期限については「自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内」に手続きをしなければならないと法律で決められています。

そして、注意しなくてはならないのは、「相続放棄に関する法律を知らなかった」という言い分は認められないということを十分に肝に銘じなければなりません。

037相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内」という期限を本当に知らなかったとしても、知っていたものとして扱われますので十分注意が必要です。

ですから、相続財産をすべて相続人が相続するという結果になります。相続財産には負債も含まれますので、負債や借金しかない場合は、その負債を背負うことになります。

実際に聞く話では、相続放棄が受理されずに500万、1000万円の借金を背負ってしまった、親が友人の連帯保証人になり、死んでしまったばっかりに、他人の借金で人生がめちゃくちゃになってしまう人も少なくありません。

では、どうすれば、相続放棄を裁判所に認めてもらうことが出来るのでしょうか。

これは正直に申し上げると、引き受ける司法書士事務所のスキルやノウハウや経験次第と言えます。

3ヶ月を過ぎた相続放棄で、当事務所に駆け込んで来られたお客様でも、なかには相続放棄を勝ち取ることが出来ているケースがあります。

当事務所の取り組み

例えば当事務所では、相続放棄についての以下のような取り組みをしております。

1.徹底したヒアリングを行います

image_f3-1当事務所では、当時の状況や事実関係を把握するため、司法書士が丁寧にお客様のお話を伺います。

 

2.物証、証拠収集を行います

image_f3-2.jpgあらゆる手段を尽くして、決め手となる証拠をお客様と一緒に収集します。

沢山の書類の中から証拠になりそうなものを探しだし、まとめていきます。

3.綿密な申述書の作成

image_f3-3.jpg頂いた膨大な量の情報とヒアリングをもとに、事案ごとに受理されやすい申述書を作成します。

これらの方法が正しいのかは、わかりません。もしかしたらもっと効率の良い方法があるかも知れません。

しかし、当事務所では、このように徹底的に面談やヒアリング、資料集めにお付き合い頂いております。

このようなお客様との連携プレーの結果、裁判所に相続放棄を受理してもらうことが出来るのです。

下記が相続放棄が受理されたことを示すほんの一例です。

image_f3-4.gif

3ヵ月後の相続放棄 相談事例

父が1年前に亡くなり、その後銀行からの内容証明郵便が届いたケース

依頼前の事実関係

父が1年前に亡くなり、母もすでに他界。相続人は兄と私と妹の3人。父にはこれといって資産も借金もない(と思っていた)。

父の葬儀から1年たったある日、銀行から私宛に突然、内容証明郵便が届いた。

内容は、兄の住宅ローンの支払が滞っていて、連帯保証人に亡父がなっていたので、その連帯保証債務を相続人である私たちに支払えというもの。 住宅ローンの残債はおよそ1000万円。

相続放棄という手続きも考えたが、父が亡くなった時に、葬式も手伝ったりしているので、『亡くなったことを知らないとはいえない』と他の専門家に相続放棄の期限の3ヶ月を過ぎてしまっているので、相続放棄は無理だと言われた。

請求通り支払っていかなくてはならないだろうか?

問題点

・亡父の住宅ローンの連帯保証債務を相続人らが支払わなければならなくなる。 支払えないのなら、自己破産申立をする必要が出てきた。

・相続放棄で処理をするのであれば、被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申述しないといけない。 今回、亡くなったことを知ってから3か月以上が経っているが、現在でも相続放棄の手続きがとれるのか?

提案

・確かにお父さんが亡くなったことを知った日からは、1年経過しているので相続放棄は難しいと思われるが、

①亡くなった時には、兄の住宅ローンの連帯保証人に父親がなっているとは思わなかった。

②お父さんに「連帯保証債務」があった事を知ったのは、銀行から内容証明が届いた日であるので、届いた日から3か月以内に相続放棄の手続きをする。

実行&結果

提案通りに、家庭裁判所に上記の論点での申述書を作成し、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを何回かして、無事に受理されました。

そして、それを債権者である銀行へ送付するところまでお手伝いいたしました。

この結果、自己破産することもなく、1000万円の借金も放棄することができました。

亡くなって1年後に債務の存在を知ったケース

〈依頼前の事実関係〉

奥様を亡くされたご主人からのご相談。
相続人は、ご相談者であるご主人、奥様のお父様及びお母様。奥様が亡くなって1年経ったある日、複数の消費者金融から請求書が届き、ご主人は、奥様の債務の存在を初めて知りました。
ご主人は、あわてて専門家に相談したところ、「預貯金を解約しているため(ご主人は亡くなった奥様名義の預貯金をすべて解約していました)、相続放棄できない。借りたお金は返すしかない。」と言われました。しかしながら、相続放棄を諦めることができず、友人から当事務所を紹介され来所いただきました。

〈ご提案〉

ご主人から丁寧にお話を伺い、下記の事項を確認しました。
・消費者金融から請求書が届くまで、奥様に借入があるとは知らなかった。
・ご主人が奥様の死後に解約した預貯金 (現金)は、葬儀費用を全額支払ってくれた奥様のご両親へ渡すため、手付かずのままご主人様の手元に保管されていた。
・奥様が遺した資産は少なく、負債は多額であった。
以上の事実から、相続放棄が適当であり、また、未だ申述が可能と判断し、ご提案をしました。

〈結果〉

・消費者金融からの請求書が届いた日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをするため当事務所にて、戸籍等公的書類の収集および家庭裁判所への申述書の作成・提出を行い、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを経て、無事に相続人全員(ご主人・奥様のお父様、お母様)の相続放棄が受理されました。
・次順位の相続人である祖父、姉についても、順次家庭裁判所に申述書を提出し、無事に相続放棄が受理されました。

亡くなって11ヶ月後に、疎遠であった親の債務の存在を知ったケース

〈依頼前の事実関係〉

・お父様を亡くされた息子Aさんからのご相談。
・お母様とAさんの弟は既に他界しており、お父様の相続人はAさんのみ。
お父様が亡くなって11ヶ月後のある日、Aさん宛にお父様の債権者である金融機関から通知が届くようになり、お父様に借金と保証債務があったことを知りました。お父様の死後、すでに3ヶ月が経過していたため、相続放棄ができないのではないかと不安になり、当事務所にご相談に来られました。

〈ご提案〉

息子Aさんからお話を伺い、下記の事項を確認しました。
・数十年前にお父様が家を出て行ってから、Aさん(依頼者)とお父様とは一切付き合いがなく、疎遠な関係であった。
・Aさんは、病院からの連絡を受け、お父様が亡くなったことを知った。
・お父様に借入があった事を知ったのは、金融機関から借金・保証債務に関する通知書が届いた日だった。
以上の事項を踏まえ、お父様の負債が多額であるため、相続放棄のご提案をしました。

〈結果〉

金融機関からの請求書が届いた日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをするため、当事務所にて、戸籍等公的書類の収集および家庭裁判所への申述書の作成・提出を行い、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを経て、無事に相続放棄の受理がされました。

期限を超えてしまった相続放棄だからといって諦めず、専門家に相談することをオススメします。
当事務所には3ヶ月を超えた場合でも無事に解決できたケースが数多くございます。初回相談は無料ですので、是非一度お問合せください。

(※以上は相続放棄のモデルケースです。実際の事例とは内容を変えて掲載しています。)

相続放棄サポート費用

相続放棄は、専門的な知識を持つことなく手続きを行うと間違えることが多く相続放棄ができないという事態を招いてしまうと、あなたやご家族の大事な人生が親族や他人の借金(連帯保証)などで台無しにしかねません。

このような絶対に間違えてはならない手続きなどは、司法書士などの相続放棄のプロに相談し、安全で確実な相続放棄を行いましょう。

特に、相続放棄の申し立て期限である「自分が相続権があると知った日から3ヶ月」を過ぎている場合などは専門家に依頼し、慎重に手続きを行うべきです。

当事務所では、皆様の現状に合わせた3つのプランをご用意しております。自分がどのプランに適しているか分からないという方は、お気軽に当事務所までご相談下さい。

料金プラン

 

項目 意味 フルプラン
パック
90,000円
戸籍収集 相続放棄に必要な戸籍収集
をおこないます。
相続放棄申述書作成 相続放棄を申請するための
申述書を作成します。
書類提出代行 家庭裁判所への
書類提出を代行します。
照会書への回答作成支援
家庭裁判所からの質問に対する回答書
の作成代行をします。

受理証明書の取り寄せ
家庭裁判所が相続放棄を受理
したことの
証明書を取り寄せます。

債権者への通知サービス
相続放棄が成立した事を
債権者に対して
通知するサービスです。

親戚へ相続放棄
まごころ通知サービス

相続放棄したことを事前に次の
相続人にお知らせすることで、
不要なトラブルを回避させる
サービスです。

※上記報酬のほか、申立てに必要な戸籍等の実費及び郵送費等がかかります。

※ご依頼いただいた時点で申述期限が迫っている場合、お急ぎ料金が加算される場合があります。

※債権者への通知先が複数となる場合は、別途費用負担がございます。(要見積り)


公開日:
最終更新日:2016年10月17日

 


  • 相続・遺言の無料相談受付中|TEL:0120-41-2828|受付時間9:00-21:00 土日祝日対応可(要相談)|ご相談から解決までの流れはこちら

    ※メール・電話では無料相談のご予約のみを受け付けております。
     お電話でのご相談・ご質問にはお答えしかねますので、予めご了承ください。