• 中央自動車道甲府昭和インターより車で10分(駐車場あり)
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-41-2828

平日9:00~21:00 土日祝日対応可(要相談)

【外国籍の母が亡くなった】自分宛てに母の借金の督促状が届いた。どうすればいい?【司法書士が解説】

相続が発生すると想定していなかったことやどうしたら良いか分からないケースが度々起こります。

ここでは被相続人(亡くなった方)が外国籍だったケースについて専門家が解説します。

当事務所では経験豊富な専門家が無料相談に対応しますので少しでもご不安があればお気軽にご相談ください。

相談の背景

ある日、当事務所に磐田市在中のAさん(日本国籍)が来訪されました。

一週間前に母親のBさん(フィリピン国籍)が亡くなりましたが、プラスの財産はほとんどなく、日本の貸金業者に対して、約500万円の借金があるとのことでした。

外国人が相続人に含まれる場合の相続手続きを調べたものの情報が少なく、手続きも複雑そうだったため、一度無料相談をご希望されたということでした。

司法書士との相談

Aさんとしては、見るべき財産も無く、明らかに債務超過のため、相続放棄したいとのご希望でした。

しかしながら、お亡くなりになった方が外国籍の場合、日本の裁判所に相続放棄の管轄権があるのか分からず、さらに相続放棄自体することができるのかなど、様々な法律や判例を調べなければなりません。

当事務所としては、フィリピンでの相続方法を調査する必要もあったため一旦、お時間を頂き再度無料相談にお越しいただくことになりました。

結果

約3週間のお時間を頂き、日本の国内法、フィリピン法及び判例等を調べた結果、相続放棄について日本の裁判所に管轄権があると判断しました。

結果、Aさんの相続放棄申述が受理され、借金の督促から解放されるに至りました。

亡くなった方が、外国籍の場合、相続については、どこの国の法律が適用されるかをきちんを調べなければなりません。

外国籍の方の相続については、相続放棄申述をする場合、日本の裁判所に管轄権があるのか、相続放棄の制度が利用できるのかなど、様々なことを検討しないといけません。

個人だとなかなか調査できなかったり、調査をしても専門用語が多く難しいと感じられるケースも多いのでまずは専門家へ相談することをお勧め致します。

相続放棄については詳しくはこちらから

当事務所の無料相談はこちらから

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • お客様の声4…

  • お客様の声4…

  • お客様の声3…

  • お客様の声3…

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP